2016年8月 5日 (金)

リラックスタイム

今年の夏はほんと暑い!

外に出るのが嫌になるほど。

店のエアコンも効きが悪いです。

Img_3431

こんな暑い夏でもちょっとした楽しみがあります。

昼間は暑いのですが、意外と夜は涼しい。

Img_3398

庭に出て椅子を広げ、ゆらりと揺れるランタンの炎を見ながら少しヒヤリとする夜風を感じる。

一日の疲れを癒す貴重な時間。

わずか10分ほどの時間

いろいろと考え、感じれるとき

流れ星を見れたときは、ちょっとラッキー☆

さて、また明日も頑張ろう!

cafe&gallery うわのそら

2016年7月28日 (木)

久しぶりの更新です・・・・・

気がつけば夏休みに入り、8月の足音が聞こえてきました。

そして気がつけば、ブログの更新も久しぶりで・・・・・・。

ブログも気がつけば、ほそぼそと何十年と綴ってきています。

決して上手くはない文章に、多くの皆様がお付き合いくださり、それを励みに続けてこれています。

ただ続けていると心の変化が時折有り、ふと遠のいてしまうこともあります。

気にかけていただいている方もいると思うと、ダメだと思うこともあるのですが

そういう時は、無理しないでおこうと思えるようにもなりました。

自分が書きたいと思うときに、素直に書けるように。

伝えたいと思うときに、しっかりとお伝えできるように・・・・・

instagramは手軽さから比較的更新していますので、よかったらそちらもご覧下さい。

また無理のないようにぼちぼちと続けていきます。

cafe&gallery うわのそら

2016年7月14日 (木)

スタッフ募集 そして・・・・

うわのそらでは、一緒に働いてくれるスタッフさんを募集しております。

・カフェの仕事、料理に興味のある方

・器に興味のある方

・モノ作りに興味のある方など

うわのそらを一緒に盛り上げていってくれる素敵なスタッフを募集しております。

20~45歳ぐらいまでの女性の方で、健康であり笑顔が素敵な方

若い男性の方も希望があれば一度検討してみます。

土日メインで平日も少し入れる方など、出勤時間は相談に応じます。

お電話もしくはマスターかスタッフまでお声かけください。

詳しくはホームページをご覧ください。

昨日ちょっと嬉しいことが・・・・お店閉店後。

Img_3319

昨日また一つ歳をとる誕生日でして、スタッフのJちゃんがブラウニーを焼いてきてくれたんです。

基本、誕生日、バレンタイン、年賀状などはやらないということなっているうわのそらですが、たまたま仕事に入っていたのでと言って出勤前の忙しい時間に焼いてきてくれました。

みんなで食べましょうということで。

Img_3312

おっと年齢わかりますね(笑)

気の使う面倒な付き合いはなしということでやってるのですが、こうやって祝っていただけると嬉しいもんで、あらためて良いスタッフに恵まれてお店をさせていただいてるなとちょっと涙腺が・・・・。

忙しい店なのに文句も言わずいつも働いてくれているみんなにはほんと感謝ばかりで、うわのそらで働いていることを誇りに思えるような店にしたいと。

うわのそらという店に出会えて、うわのそらのスタッフみんなと出会えてよかったと思える店であり、人物でいたいと思っております。

そしてこうやって元気な身体でこの世に送り出してくれた両親にも感謝です。

また明日からがんばろう!

cafe&gallery うわのそら

2016年7月12日 (火)

kobakoさんへ

珍しいお出かけネタで。

昨日は、気持ちの良いお天気。

滋賀で作陶活動をされている竹口要さんの工房へお邪魔してきました。

Dsc_5479_2

可愛らしいアプローチの先に工房があります。

以前から気になっていた作家さんで今回初めてお伺いさせていただきました。

Img_3300

シンプルな空間の中に器が映える綺麗な工房で竹口さんにいろいろとお話を聞きました。

同世代の竹口さん、作品作りに対する拘りもすごく、話しているとその想いがひしひしと伝わってくる素敵な方でした。

作家さんの良い物を作りたい、お店の素敵な作品を伝えたいという思いは、いつの時代も同じ。

うわのそらの空間でどのように表現するか、今から楽しみです。

テーブルの上にある作品、遠目で見ると白黒の器に見えるのですが、ちょっと違います。

Dsc_5485

人気のラトンシリーズの器

錆びた鉄のような表情の器が存在感あり

Latonとは真鍮という意味らしいです。

作品を手にすると丁寧に仕事をされているのがわかります。

使い込んでいけばさらにグッと深みがまして、艶も出てきそうです。

Dsc_5481白い器もとても綺麗に手の込んだ作品

使い込むほどに表情が変化する白の器は、長く使えば使うほど優しく貫入が入り、楽しんで使える作品

今回注文させて頂き入荷待ちとなりますが、気長にお待ちください。

うわのそらギャラリー空間に並ぶ日が、今から楽しみな器です。

cafe&gallery うわのそら

2016年7月 8日 (金)

コラボカットソー

手染メ屋さんのイベント、早くも半分が過ぎました。

Img_3273

ずっと気になっていてこの機会にといって訪れてくださる方やリピートの方

連日賑やかな洋服屋さんとなっております。

以前にもお話しいたしましたが、天然染料の手染メ屋さんのお洋服はどうしても化学染料で染め上げたものには色落ちという面ではかないません。

ただ化学染料には出すことのできない天然染料だからだせる素敵な色合いを出されます。

うわのそらもそこにグッと引き寄せられました。

かと言ってすぐに色落ちするわけでもなく、今の季節は手染メ屋さんのTシャツをよく着ており、そして普通に洗濯しておりますが全然問題なく、ましてやいい風合いになってきております。

だけどどうしても色落ちが気になるという方にいい話があります。

前回のイベントで頂いたシャツをこの冬に染め直してもらいました。

染め直しは手染メ屋さんが長年愛用者のために行っているサービスです。

破れたりして着れなくなった状態でない限り、無料にて染め直しをしていただけるのです。

同じ色に染め直すのも良いですし、濃い色に染めなおすということも可能です。

私は海松色というカーキ色から藍色に染めなしていただきました。

なんとなく新しく買った気分♫

こういう遊び方も手染メ屋さんの服ならではの遊び方です。

飽きたら色を変える!

これはお勧めですよ!

Img_3274

話変わってコラボカットソーの話

ダブルネームのタグが付いた七分袖ほどのカットソー

ちょこっと小さな襟元があり、見ているよりも着ている方が可愛いです。

今回うわのそらからデザインを提供させていただき、手染メ屋さんが染め上げてできあがったTシャツです。

Img_2538

手染メ屋さんでの打ち合わせのひとコマ。

手染メ屋の青木さんご夫妻です。

私たちの無理難題を快く引き受けていただき、楽しんで作って頂いた今回のシャツ。

どちらかというと秋頃の服になるかもしれませんが、是非手にとって見ていただきたい。

残り二日、明日は大荒れとの天気予報ですが是非ご覧下さい。

cafe&gallery うわのそら

2016年7月 5日 (火)

初夏の空間へ

暑くなってきましたね。

セミはまだ鳴いてないですが、さすがに日中は暑くてまさに夏!

そんな中、明日から始まる「手染メ屋の仕事」展

ちょっと夏らしくギャラリーの空間をチェンジしてみました。

Dsc_5477

うわのそらの店内は天井も高いので下からずどーんと青竹を空間に配して、その中に手染メ屋さんの服がかかっているので、いつもとは少し違う感覚でご覧いただけると思います。

この竹の空間に手染メ屋さんの天然素材で染め上げた服がとてもしっくり似合うんです。

Dsc_5469

今回は少しゆったりとした空間でご覧いただけるように広めのスペースを取りましたので、いろいろとお試しください。

10日、日曜日までとなっておりますので、お時間見つけてお越しください。

cafe&gallery うわのそら

2016年7月 2日 (土)

手染メ屋さんの仕事

来週水曜日から始まる「手染メ屋の仕事」展

天然染料を使って丁寧に染めあげたものは、ナチュラル志向の方には嬉しいですね。

Dsc_4878

以前打ち合わせでお伺いした時に掛かっていた糸

とてもきれいな色だったので思わずカメラを向けました。

この糸がどのようなものに変化していくのか、その後使われる方によってさらにどのように変化していくのでしょうか。

Dsc_4868

天然染料で染めるとちょっとくすんだ感じになるのですが、そこが自然ならではの色合い、どこかほっこり。

柘榴や藍、檳榔樹、五倍子など通常あまり目にすることのないものばかりですが、こういった自然のものからこんなきれいな色を作りだす手染メ屋さんの仕事は、研究研究の繰り返しだと。

自然染料だけに化学染料のような色持ちはしないかもしれませんが、手染メ屋さんの素晴らしいところは、購入後破れたりして着れない状態にならない限り、何度でも無料にて染め直しをしていただけます。

そのあたりはまた後日お知らせいたします。

Dsc_4875

自然染料の手染メ屋さんの服、この機会に是非触れてみてください。

きっと気にっていただけると思います。

cafe&gallery うわのそら

2016年7月 1日 (金)

七月のうわのそらランチ

今年こそっと思いながら半年。

思っていたことがまだできてないという方も多いとは思いますが

もう半年が過ぎたと思うか、まだ半年もあると思うか

それだけでこの先半年の動きがぐっと違ってきます。

焦らずに一つずつクリアーしていこう!

7月のうわのそらランチ

Dsc_5442

前菜 冷やし茄子の梅ジュレ

マスタードポテトの豚ロール

トマトの冷奴

かぼちゃの胡麻和え

もろこし団子

きゅうりの豆乳スープ

ごはん(三田産コシヒカリ)

オリジナルアイス最中

珈琲or紅茶

となっております。

Dsc_5449

トマトに茄子、きゅうりオクラなどの元気の出る夏野菜たっぷりのメニュー。

今日は久しぶりに暑いと思った一日でしたが、これからやってくる本格的な夏

元気なまま乗り切りたいですね。

今月もたくさんの方のご来店お待ちしております。

cafe&gallery うわのそら

2016年6月28日 (火)

庭の顔

先週お知らせしていた庭の工事もメインは終了しました。

Dsc_5408

元はこんな感じのうわのそらの庭でした。

時間がなくてとりあえず作った感満載の木の柵がずーっと気になっていました。

自然で良いといえばそうなのですがそう言ってしまえば終わりです。

Dsc_5409

柵を取ってしまうとこんなにもスッキリするものかと思いますね。

うわのそらにとってお庭はとても重要な場所。

自分が素敵だなと思う店には、かならずお庭があります。

お庭っていくら作ってもらっても、いくら管理してもらっても日々の管理は自分達でしないと維持できないもので、その店の顔かなと思います。

うわのそらも第2パーキングに車を止めて歩いて来られる方が多くなり、まず目に留まる場所であるお庭の入口、いわゆる顔の部分はしっかりとしたいと。

今回は庭師松下さんにお願いしてやっていただきましたが、やっていただいたといっても残りの2割ほどは自分の仕事として残してくれています。

Dsc_5414

どーんと石積みの塀が出来上がりました。

石積みってだいたいの場合、土の流出を止めるために組んだりと背後に何かしらの構造体があるのですが、今回の場合は独立した石積みということで技術的には難しかったようです。

石も一つ置いては、少し離れてバランスを見てまた次を置いていく。

両面からの見栄えを見ながら、積んでいく工程は何気なく見えますがかなりの難易度。

何回も積みなおしてもらいながら完成した石積は、予想よりもかっこよく仕上がりました。

自分たちのこだわりですが、右と左あえて高さを微妙に変えて外に向かって低くしています。

そして左の石積みは、奥の方にRをとって低くしていますので、パーキングから歩いてこられる方には、石の天場が綺麗に見えると思います。

Dsc_5415

石積み一つで店のボリュームが、グッと変化。

ただここからが自分の仕事。

実際にはもう少し進んでいるのですが、最後の仕上げが残っています。

それは実際にご覧いただければ嬉しく思います。

お店に入る前に、ちょっと立ち止まってお庭をご覧下さいね。

cafe&gallery うわのそら

2016年6月27日 (月)

手染メ屋の仕事 展

気が付けばあっという間に半年が過ぎようとしていますね。

時間だけはみんな平等にあるのに、中年域になると年々早くなってるような気がするのはなぜなのでしょね?(笑)

上半期、最後のイベント 「手染メ屋の仕事」展が来週より始まります。

7月6日(水)~10日(日)

Dm_tezomeya2016

今回2回目のイベントとなる手染メ屋さん

前回はTシャツがメインのようなイベントでしたが今回はいろいろとアイテムがそろうと思います。

そして今回初登場のカットソーは、うわのそらから提案させていただいたデザインのものがコラボ商品として登場いたします。

写真はまだ撮れていないのでまた後日アップいたします。

手染メ屋さんのアイテムは、どれも肩肘張って着飾ることもなくナチュラルに来ていただきたいものばかり

まだまだ梅雨でジメジメした日が続きますが、是非ご覧いただければと思います。

染色についてはまた後日しっかりと。

cafe&gallery うわのそら